便秘薬おすすめランキング

赤ちゃん・こどもの便秘は薬が必要

■赤ちゃん・こどもの便秘は生活リズムを整えることが大切

赤ちゃんやこどもは、少しの変化にも敏感で、出かける際にも睡眠時間や排便などの生活リズムが狂いやすくなります。一度そのリズムが狂ってしまうと、赤ちゃん自身で治すことが難しく、慢性化してしまうこともあるので気をつけるようにして上げなければいけません。一度でも便秘が慢性化してしまうと、それを治すのに2ヶ月程度かかる場合もあるので、できるだけ予防してあげることが大切です。適度な水分補給や、お腹のマッサージをするなどして、早めに対処してあげることが大切になってきます。それでも治らない場合には、便秘を長引かせないよう、医療機関を受診することも大切になります。

■赤ちゃん・こどもの便秘は薬の使用も視野に入れよう

赤ちゃんやこどもには、できるだけ薬の使用は避けたいと思う人も多いかもしれません。便秘が長引いたり、肛門が切れてしまったりした際には、薬を使うことも重要になるので、覚えておきましょう。もちろん自宅で食事に気をつけたり、運動をさせたり、マッサージを行なうなどして対策を取ることも重要ですが、それでも治らない場合には、薬に頼るというのも一つの方法です。便秘が長引くと、便が固くなってお尻が切れてしまったり、便をする際にいきむのが辛くなったりと、赤ちゃんやこどもが便をするのを嫌がるようになってしまうこともあるので、医師と相談して、浣腸や整腸剤などを使用することも視野に入れましょう。一度薬を使用するとクセになってしまうのではないかと懸念する人もいますが、個人の判断ではなく医師がきちんと処方してくれるものであれば、クセになることもありませんので安心して下さい。薬はできるだけ使わないことに越したことはありませんが、薬を使った方が良い場合もあるので、自分で判断せずに、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

■赤ちゃん・こどもの便秘に効果的な薬:飲み薬

赤ちゃんやこどもの便秘に効果のある薬は、主に医師から処方されるものと、自分でベビー用品を扱う店頭で購入する方法の2種類があります。薬である以上、医師の診察の元、処方される薬を使えば間違いがないですが、市販されている薬で対処したいという人もいるのも事実です。市販されている赤ちゃんとこども用の薬としては、麦芽糖によって腸の働きを良くして、穏やかに排便を促すようなものがあります。味も水あめ状になっており、淡い甘さになっているので、赤ちゃんやこどもでも飲みやすくなっています。栄養補給にも役立つので、便秘や栄養補給が気になる際には、一度使ってみると良いかもしれません。使用した人たちの声によると、赤ちゃんやこどもが嫌がらずに飲んでくれて排便がスムーズになって良いというような高評価が多くなっています。いかにも薬という感じでもないので、飲ませやすいというような声もあります。赤ちゃん、こども専用の便秘薬になっているので、安心して使えるのも嬉しいポイントだというような口コミもあります。病院でも推奨されているところもあるので、病院の薬と併用できるのであれば、可哀想な便秘も治りやすくなるので、おすすめといえるのです。

■赤ちゃん・こどもの便秘に効果的な薬:浣腸

赤ちゃんとこどもの便秘薬では、赤ちゃんとこども専用の浣腸も販売されています。大人用のは効き目が強すぎるという場合には、こういったものを試してみるといいでしょう。飲み薬とは違って、まだ上手に飲むことができない低月齢の赤ちゃんにも使用できるの で、便利であるともいえるのです。浣腸をすることによって、便を柔らかくすることができるので、飲み薬が飲ませにくい場合は、試してみるようにしましょ う。飲み薬より即効性があるのも特徴的で、浣腸をしてから3分から10分程で効果がでますので、すぐに出してあげたいのであればおすすめです。自分でこよりを作ったり、麺棒で刺激を与えたりしても、便が出にくくかったりということがあれば、市販さえている赤ちゃんとこども用の浣腸を使うことも選択肢になってくるのです。