便秘薬おすすめランキング

あなたの便秘はどっち? 便秘にも2つの種類がある

■便秘の種類

便秘は大きく分けて、2種類に分けることができます。機能性便秘器質性便秘になってきます。一般的に、私たちがイメージする便秘は、機能性便秘と分類できるでしょう。機能性便秘は、腸機能の異常や低下によって起こりやすくなります。この機能性便秘は、さらに一過性便秘習慣性便秘にカテゴライズすることができます。一過性便秘は旅行や引っ越しなどの環境が変わることによって引き起こされる便秘です。習慣性便秘は、食生活や睡眠などの生活習慣の乱れによって起こる便秘のことで、女性にとっての悩みの種ともなり得る悩ましい、慢性的な便秘となっています。

■器質性便秘って?

器質性便秘は、胃や小腸、大腸、肛門などの器官に問題があったり、病気によって大腸が正常に働かなかったりする場合に起こりやすくなります。器質性便秘が起ってしまう原因は様々ですが、開腹手術をした際に腸が癒着してしまったり、腸にガンの腫瘍ができてしまい便の通り道が狭くなってしまったりすることが、主な原因とされています。特徴としては、便が極端に細いことや色が黒いものや赤いものになっていたり、血や粘膜が混ざっていたりということが多いです。この場合には、食生活の見直しや生活習慣の見直しをしても、自分の力で治すことはできないので、早めに病院にかかることが必要になってきます。腸などの器官自体の問題になっているので、病院で治療をしてもらう必要があるのです。

■習慣性便秘って?

機能性便秘の中でも、習慣性便秘はさらに3つに分けることができます。まず一つ目が、弛緩性便秘です。これは筋力の低下によって起こる便秘です。運動不足の人や高齢者に主に多くなっているのが特徴的です。便自体はあまり固くはありませんが、お腹が張って苦しくなる場合が多いのです。次にけいれん性便秘が挙げられます。これは体の疲れや精神的なストレスが原因で起りやすくなっています。便が出たとしてもコロコロとしたあまり大きくないものが出やすくなります。最後が直腸性便秘というもので、不規則な生活のせいで、便意があっても我慢している際に起こりやすくなっています。下剤の乱用によっても起りやすいのが、このケースなのです。