便秘薬おすすめランキング

これって便秘の症状? 知っておきたい便秘の症状について

■お腹のハリ・痛み

便秘の症状の中で、一番多くなっているのが、お腹のハリ痛みです。便秘が続くと、腸内の悪玉菌が腸内にある食べ物を腐敗させ、発酵させていきます。これによって悪性な匂いガスが発生しますが、便秘になってしまっている場合には出口がなくなっているので、体内に留まるようになってしまうのです。腸内にはガスなどが溜まるので、それがお腹のハリや痛みに繋がっていきます。悪性な匂いやガスが体内に溜まっているので、便秘がちの人のおならは臭いものになってしまうものなのです。

■頭痛・腰痛・肩こり・冷え

便秘がちな人は、同時に頭痛腰痛、肩こり、冷えなどに悩まされる場合があります。便秘になると、自律神経の機能が低下するために頭痛が起りやすくなります。自律神経の一つである副交感神経は、血管の拡張や縮小の役割を担っており、副交感神経が乱れることによって片頭痛が起りやすくなります。また、腸内にガスが溜まると、それらのガスが体内各所を圧迫し、腰痛や肩こりなどを起こすようになります。便秘だと血流が悪くなることから、冷えが起りやすくなります。便秘が原因で起こる腰痛や肩こり、冷えなどは一時的に薬を飲んで治すことができたとしても、あくまでも一時的なものでしかないため、根本的な解決にはなりません。便秘そのものを改善するように、努めていくことが大切な対策になってくるのです。

■ニキビ・肌荒れ

便秘になると、ニキビ肌荒れができやすくなります。肌のハリつやも失われやすく、くすみも目立ちやすくなります。便秘になることによって、自律神経の機能が低下し、肌の血行が悪くなることが原因とされています。吹き出物やニキビができやすくなるのは、老廃物毒素を体外に出すようなデトックス作用によって、皮膚にそのような形で現れるものなのです。便秘が原因でできるニキビや吹き出物は、薬を使って一時的に治したとしても、体内から改善しなくては意味がないので注意して行く必要がありますから、便秘の根本的な解消が必要となってくるのです。

■食欲不振

便秘になったことのある人なら、一度は食欲不振を経験したことがあるかもしれません。一般的に便秘になると、お腹が気持ち悪くなるため、食欲が出なくなる場合があります。なぜ便秘になると、食欲不振に陥ってしまうのかという医学的な見解は出ていないので、はっきりとした因果関係は分かっていません。
ですが、腸の働きが悪くなることによって、他の消化器官に悪影響を与えていることが原因で、食欲がなくなるのではないだろうかと、現在は考えられているのです。

■口臭

便を我慢すると、口臭がきつくなる場合があります。腸内で発生した有毒なガスが、血中に入り込み、それが肺にまで至るので、口臭の原因になってしまう可能性があります。口臭は自分ではなかなか気づきにくいものですが、他人に不快感を与え、印象を悪くし兼ねないものです。
便秘になっているのであれば、口臭についても少し意識した方が良いかもしれません。

■大腸ガンのリスクが高まる

便秘になると大腸ガンのリスクが高まります。便秘によって古くなった食物のカスが腸内に留まると、悪玉菌が増殖してしまい、発ガン物質が発生する危険が高まっていきます。特に肉は、発ガンしやすい物質が発生しやすくなるので、注意していく必要があるのです。また、油分の多い食べ物を沢山食べる人も、大腸ガンになりやすいので、気をつけるようにしましょう。

■痔になるリスクが高まる

便が腸内に長く留まれば留まる程、便に含まれている水分が蒸発し、非常に固くなってしまいます。固い便を排出する際には、肛門に負担がかかり、皮膚に傷がついてしまう場合があります。これによって、切れ痔になりやすくなってしまいます。この固い便を排出しようとして、いきんで出そうとすると、肛門付近がうっ血して、いぼ痔になりやすくなってしまうのです。一度痔になってしまうと、排出時に痛みを伴うため、便意を我慢する人が多いですが、余計に便が固くなってしまい、痛みが強いものになってしまうので、注意していく必要が出てくるのです。

■超閉塞の原因になる

便秘がひどくなると、腸の中にある便はまるで石のように固くなってしまうことがあります。便秘薬を飲んだり、浣腸をしたりと対策を取っても便が出なくなってしまうと、最悪の場合、腸閉塞になってしまうこともあります。自分一人の力で便を出すことができなくなってしまうと、手術によって石のようになってしまった便を取り除かなくてはいけないので、そうなる前に早めに便秘は解消させるようにしましょう。

■過敏性腸症候群の原因になる

便秘が原因で、腸内でウェルシュ菌という細菌が増えていくと、同時に腐敗物質が増え、腸内に毒素が蔓延し、過敏性腸症候群になってしまうこともあります。過敏性腸症候群とは、便秘と下痢を交互に繰り返したり、ガスが過剰に発生したりするような病気です。知らず知らずのうちにこの病気になっている場合もあるので、便秘は早めに解消するようにしましょう。