便秘薬おすすめランキング

絶対に知っておきたい腸内環境を整える方法

■プロバイオティクスの働きとその効果

プロバイオティクスという言葉を、一度は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?プロバイオティクスは、人体に良い影響を与える微生物のことで、その代表格がビフィズス菌や乳酸菌になります。それらを含むヨーグルトなどの製品も、広義ではプロバイオティクスと呼びます。腸内環境を整えるのにうってつけの成分が、プロバイオティクスと言うこともできるのです。プロバイオティクスと一概に言っても、全ての細菌が便秘に有効というわけではありません。プロバイオティクスと認められる細菌には条件があり、口から摂取して大腸にまで届き、増殖できる細菌のみとされています。生きたまま腸に届くと いうのが、大きなポイントとなっているわけです。プロバイオティクスが含まれているヨーグルトは、1日の摂取目安量が300gとされていますが、便秘がち の人は、もう少し多めに摂取するといいでしょう。サプリメントにもなっているので、そういったもので補うのも方法の一つです。

■プレバイオティクスの働きとその効果

プロバイオティクスは、比較的メジャーですが、似ていてもプレバイオティクスは、まだ聞きなれない人が多いはずです。プレバイオティクスは、プロバイオティクスの働きを助けてくれる物質のことで、腸内の善玉菌が増えやすい環境を作ってくれる成分のことになります。具体的にはどういったものかというと、オリゴ糖や食物繊維がプレバイオティクスにカテゴライズされます。オリゴ糖も食物繊維も、便秘には欠かせないものになっているのはこのためなのです。オリゴ糖や食物繊維はプロバイオティクスのえさとなって善玉菌を増やしていきます。つまり、プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂取することが、便秘解消には効果的であるということがわかるのです。これら二つは、最強の組み合わせになって、便秘を治してくれるものとなるのです。

■ビフィズス菌の働きとその効果

ビフィズス菌は、善玉菌を増やす働きを助けてくれる有効成分です。ビフィズス菌を摂取することによって、腸内環境を改善させることができるので、是非積極的に摂取してもらいたい成分の一つです。ビフィズス菌は、腸内を酸性にすることによって、悪玉菌や病原菌の働きを抑制するといった働きもします。そして栄養素の消化や吸収もサポートしてくれる働きもあるので、腸のぜん動運動を促し、便秘改善の効果が高くなります。健康を維持するためにもビフィズス菌は沢山摂取することが望まれ、それと同時に肉類を沢山食べて悪玉菌を増やすことを避けたり、抗生物質などを避けたりすることで腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

■ヨーグルトは「トクホ」がおすすめ

プロバイオティクスのヨーグルトを摂取することが、便秘解消には効果的だというのは先述した通りですが、ヨーグルトの中でも特定保健用食品であるいわゆる「トクホ」のものがより効果的となっています。「トクホ」とは、お腹の調子を特に整えることに有効で、血中コレステロールを正常にすることを助ける働きをするな ど、特定の保健の効果が科学的に証明されている食品のことを指します。「トクホ」のヨーグルトは、整腸作用が主となっており、便秘解消、ビフィズス菌が増 加することによる腸内環境の改善、腸内の有害成分の抑制などの働きをしてくれます。このように様々な働きをしてくれるため、ヨーグルトは、是非「トクホ」 のものを選んでみてはいかがでしょうか?

■便秘ならラブレ菌を積極的に摂取しよう

乳酸菌が体に良いことは周知の事実ですが、乳酸菌にも様々な種類があります。乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズなどに多く含まれ、植物性乳酸菌は発酵食品である味噌やしょうゆ、漬物などに多く含まれています。私たちが知っている乳酸菌は、ヨーグルトなどに含まれている動物性が多くなっていますが、植物性乳酸菌の一つであるラブレ菌は有益な働きを沢山持っています。ラブレ菌は簡単に言えば植物性乳酸菌ですが、数ある乳酸菌の中でも環境の悪い状態でも生き抜くことができる、強い力を持っている乳酸菌です。他の乳酸菌に比べると、その強さは10倍とも言われています。乳酸菌は生きたまま腸に届くことが大切になってくるので、ラブレ菌は非常に有効であると言えるでしょう。サプリメントでも販売されているので、その力を手軽に実感することができておすすめです。

■プルーンで腸内環境を整える

プルーンは脂肪分がゼロ、コレステロールもゼロとなっていますが、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に欠かすことのできないビタミン類が多く含んでいます。プルーンには、便秘がちな人には嬉しい食物繊維が豊富に含まれていることから、腸内環境を整えることができます。食物繊維はプレバイオティクスであるというのは、先述した通りですが、その食物繊維が多く含まれている食品の一つがプルーンなのです。食物繊維を沢山摂取することで、便のかさを増すことができたり、便秘を治したりすることができます。食 物繊維の1日の摂取目安量は、男性であれば19g、女性であれば17gですが、日本人はどの世代でも男女共に摂取目安量を大きく下回っています。プルーン であれば、100gあたり食物繊維が7.2gも含まれており、沢山摂取しなくても食物繊維を摂取することができるので、おすすめです。水溶性と不溶性の食物繊維が50パーセントずつとなっており、バランスもいいため、積極的に摂取してみることが有効な食品であるといえるのです。