便秘薬おすすめランキング

腸内環境を知ることが便秘解消の第1歩

■腸内環境とは

腸は第二の脳と言われるように、私たちの健康にとって欠かせない重要なものです。したがって、腸内環境を整えることが、便秘にとっても大切なことです。腸の健康が乱れてしまうと、様々な病気の温床にもなり兼ねないので、腸内環境を正常にしていく努力が大切になります。腸内環境は、腸内の細菌によって成り立っているのですが、腸内には約100種類もの細菌が生息しており、その数は100兆個とも言われているのです。とても沢山の細菌が腸内に生息していることが分かりますわかるわけですが、人間の体重のうち、1キロから1.5キロは細菌の重さであるといわれていますので、おおよその体積がわかるかもしれません。その腸内細菌は、さらに善玉菌と悪玉菌に分類され、これらがバランスを取ることによって腸内の健康状態が保たれています。

■腸内細菌のバランスの乱れは病気を引き起こす

腸内環境を司っている腸内細菌のバランスが崩れると、様々な病気を引き起こします。高血圧、心臓病、脳卒中、がんなどの病気や、吹き出物、ニキビ、肌荒れ、じんましんなどの肌トラブル、頭痛、めまい、便秘、下痢、体臭などの症状も引き起こす可能性が出てきてしまいます。このような悪影響が起こらないようにするためにも、便秘の改善は早期に行なうことが大切です。改善策としては、健康に良いような善玉菌を増やすようにしましょう。善玉菌で有名なのが乳酸菌やビフィズス菌になります。これらを増やすことによって健康な腸内環境を作ることができます。

■腸内環境と便秘

便秘の主な原因となっているのが、腸内環境の乱れです。腸機能が低下すると、便秘が起こりやすくなります。腸内環境のバランスが乱れると、腸機能が低下してしまうことが分かっています。これによって、腸の蠕動運動が低下してしまい、スムーズな排便ができなくなり、便秘へと繋がってしまうのです。便秘の人の多くが、腸機能が低下していると言われているので、腸内環境を整えてあげることが大切です。便秘をしている人は便秘薬を使用したことのある人もいるのではないでしょうか?便秘薬は一時的には解決することができますが、薬の影響によって腸内環境が悪化してしまうことがあるので、できるだけ使用は避けた方が良いでしょう。

■腸内環境と善玉菌

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすことが有効だというのは先述した通りです。善玉菌が健康に良い効果をもたらすのに対して、悪玉菌は健康に悪い影響をもたらすので、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことがとても大切になります。善玉菌が減って悪玉菌が増えてしまうと、腸の働きが悪くなり、体の健康状態も損なわれてしまいます。それとは逆に、悪玉菌が減って善玉菌が増えれば、腸の健康状態もより良いものになります。便秘ぎみの人は、腸内環境が悪くなっていると考えられます。便秘を左右するのは、腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスになるので、便秘を解消させたいのであれば、善玉菌を増やして腸内環境をより良いものにしましょう。便秘を根本から治したいのであれば、プロバイオティクスやプレバイオティクスなどを積極的に摂取するように心がけると良いでしょう。

■善玉菌を増やす方法

腸内環境を良くするためには、善玉菌を増やす必要があります。善玉菌を増やす方法として、最もメジャーなのがヨーグルトを食べるという方法です。ヨーグルトを普通に食べたとしても、実は善玉菌はなかなか増えにくいものでもあります。ヨーグルトであればビフィズス菌が多く含まれているものを選べば間違いありませんが、口から摂取したビフィズス菌は、腸に達する前にその多くが胃酸によって死滅してしまうのです。生きたまま腸に届くビフィズス菌は、ごくわずかとされているので、ヨーグルトを選ぶ際には、生きたまま腸に届くタイプを選んだ方が良いでしょう。また、プロバイオティクスやプレバイオティクスを摂取するのも善玉菌を増やすことのできる方法の一つです。プロバイオティクスはヨーグルトに主に含まれ、プレバイオティクスはオリゴ糖に多く含まれています。オリゴ糖はビフィズス菌のえさとなって腸内でビフィズス菌が増える働きをします。つまり、ヨーグルトとオリゴ糖を同時に摂取すれば、善玉菌を増やしやすくなると言えるでしょう。

■悪玉菌を減らす方法

腸内環境は年齢と共に変わってきます。例えば、生まれたばかりの赤ちゃんの腸内はビフィズス菌が大半を占めていますが、離乳期になると様々な細菌が増え始めることから、1歳頃になるとビフィズス菌は半減してしまうことが分かっています。ビフィズス菌が最も減りやすい年齢は、40代や50代です。善玉菌の反対である悪玉菌が急速に増えて腸内細菌の老化が始まるのがこの年代です。その後に加齢が進み、ビフィズス菌が全くなくなってしまう人もいるので、成人になったらとりわけビフィズス菌を積極的に摂取する必要があります。ビフィズス菌は善玉菌の一種で、善玉菌の中でも代表格になります。善玉菌の減少は、老化が主な原因とされていますが、その他にも食生活の乱れやストレス、薬の服用なども当てはまります。善玉菌が減り、悪玉菌が増えると、便秘が起きやすくなるのはもちろんのこと、下痢、肌荒れ、体臭、口臭、お腹のハリというような症状も起りやすくなり、さらに症状が悪化すれば、がんなども引き起こす原因になっていくことがあるため、注意が必要になるのです。