便秘薬おすすめランキング

プルーンで便秘解消!どんなプルーンがおすすめ?

■オールマイティな便秘解消効果

妊婦さんの便秘にも推奨されているプルーンですが、プルーンは、自然なお通じを促進する作用があるだけでなく、お腹が痛くならずにお通じができる作用、便を柔らかくする作用がるので力まずに排便できるというオールマイティな便秘解消効果
が期待できます。これは、プルーンに含まれているカリウム
の働きによって腸の蠕動運動が活性化され、マグネシウム
の働きによって便が柔らかくなり、食物繊維
の働きによって腸の中がスッキリとお掃除されるから。

腹筋に力を入れづらい妊婦さんにとっては、できるだけ無理をしたり力んだりせず、短時間でスムーズな排便ができるのが理想的ですよね。プルーンは、 そんな妊婦さんにとっても理想的な便秘解消食品として人気があります。妊婦さんだけではなく、妊娠していない人に取っても、当然ですが便秘解消効果が期待 できます。

■ドライプルーンがおすすめ

プルーンと言っても、スーパーのフルーツ売り場で販売されている生のプルーンもあれば、ドライフルーツとして販売されている乾燥タイプのプルーンもあります。どちらも食物繊維やミネラル分は豊富に含まれていますが、ドライフルーツとなっている乾燥プルーンのほうが、食物繊維の量は3倍と豊富。
スピーディに便秘解消したい人は、ドライプルーンのほうがおすすめです。

ドライプルーンを食べる際には、そのままでプルーンを食べても良いでしょう。しかし、ヨーグルトに混ぜたり、バナナと一緒にしたりアレンジする方法 もおすすめです。プルーンの味が病み付きになってしまう人は、ドライのまま食べても良いですが、便秘解消のために強制的にプルーンを食べている人だと、 うっかり食べ忘れてしまうことも考えられますよね。そうならないように、朝食ではヨーグルトやバナナと一緒にプルーンを食べる習慣をつけたり、レーズンの 感覚で、カレーの中にプルーンを投入したりする方法もおすすめです。

その他にも、プルーンのジャム、プルーンジュース、プルーンを使ったスイーツなどを積極的に活用する方法も良いかもしれませんね。

■どのぐらい食べればよい?

プルーンを使って便秘解消したい場合には、どのぐらいの量のプルーンを食べればよいのでしょうか?プルーンの中でもドライプルーンは食物繊維の量が 豊富になっているので、少量でも大きな便秘解消効果が期待できます。どのぐらい頑固な便秘七日によって、一日に食べたい目安の量は異なりますが、便秘になりやすい人なら1日に3個~5個
ぐらいのプルーンがよさそうですね。