便秘薬おすすめランキング

便秘解消に効果があるりんごの食べ方!

■健康効果の高いフルーツ

風邪をひいたらリンゴ、美容のためにもリンゴ、というようにリンゴには高い健康効果や美容効果があることは多くの人が知っています。健康のために毎日リンゴを食べている人は、風邪もひかずインフルエンザにもかかりにくいという研究結果もあるほどです。

そんなリンゴには、便秘解消効果もあります。リンゴには水溶性食物繊維のペクチンという成分が含まれていて、ペクチンが腸に届けられると、腸の蠕動運動を活性化するとともに、リンゴに含まれているミネラル成分やビタミン成分が善玉菌のエサとなるため、腸内環境を改善する効果も期待できます。

また、甘くて熟したリンゴには、糖質もたくさん含まれています。糖質は腸の中に入ると善玉菌のエサとなったり、便を柔らかくしたりする働きがあるので、熟したリンゴを食べれば自然界に存在する糖によってスムーズなお通じが可能になります。

■皮も食べよう

日本ではリンゴを食べる時に、皮をむいて食べる習慣がありますが、欧米ではリンゴは皮が付いたまま食べるのが一般的。皮を食べてもお腹が痛くなるこ ともなければ、お腹の中に消化されない皮が蓄積されてしまうなんて言うこともないので安心してくださいね。リンゴの皮には、抗酸化作用の高いポリフェノール、便秘解消効果の高い食物繊維などが豊富に含まれています。便秘解消のためにリンゴを食べるなら、ぜひ皮も食べるようにしましょう。便が硬くて痔になりやすい人も、リンゴの皮を食べれば便が柔らかくなるので痔を解消することも可能です。

リンゴを食べて最もスピーディに便秘解消効果を実感したい場合には、リンゴを皮ごとすりおろして食べる方法が理想的で す。リンゴをすりおろすことによって、腸まで届くまでのスピードがアップしますし、胃に負担をかけることなくりんごの成分を腸まで届けることができます。 食べ過ぎなどで胃が痛いという時には、リンゴをそのまま食べるよりもすりおろしたほうが、胃に負担をかけずに便秘解消効果だけを享受できます。

すりおろしたリンゴは、食後のデザートにも美味しいですし、すりおろせば食べやすくなるので、リンゴ1個丸ごと食べることも可能ですよね。もちろ ん、毎日リンゴを丸ごと1個食べる必要はありませんが、リンゴという食材で便秘解消を狙うなら、毎日1個ぐらいは食べ続けたいですね。そんな時、すりおろ しりんごを活用すると良いでしょう。

また、自宅でリンゴを食べるなら、皮ごとミキサーにかけてリンゴジュースを作る方法もおすすめです。添加物を一切含まない果汁100%のリンゴジュースなら、毎日飲むだけで健康効果も美容効果もかなり期待できそうですね。

■注意点

生のまま食べてもおいしいリンゴですが、アップルパイとか焼きりんごのように、熱を加えて調理して食べることもできます。も ちろん、それでも便秘解消効果は変わることがないので、毎日生のリンゴばかりで飽きてしまったら、アップルパイなどにして食べるのも良いかもしれません ね。ただし、加熱調理をすると、リンゴに含まれている水溶性ビタミンなどは分解されたり溶けたりしてなくなってしまいます。

また、スイーツ系の調理をする場合には、砂糖の加えすぎには気を付けましょう。砂糖を大量に使ってしまうと、腸内で悪玉菌が増殖しやすくなってしまいます。便秘が悪化してしまうので、砂糖はできるだけ控えめにしたほうが良いでしょう。