便秘薬おすすめランキング

お腹が張ってつらいときの便秘解消方法とは 

■お腹が張る便秘

誰でも一度は、お腹が張るという状態の経験があるでしょう。一般的には膨満感や不快感と言われていますが、これらに共通して言うことができるのが「お腹にガスが溜まっている状態」であるということです。

お腹にガスが溜まっているということは、ガスを出してあげることができれば腹部の違和感がなくなるということです。また、便が出せれば同時にガスも出るので、お腹が張るといった症状が改善されることも多い症状でもあります。

■お腹が張って違和感がある時の解消方法

お腹が張って何となく気持ちが悪くなったり、ズボンがきつくなっている状態が続くと腹痛を起こす可能性も出てきますので、早めに対処していくことが大切です。お腹が張っている状態は、自分の力で解消することができる場合も多いので心配することはありません。

まず、手をグーにして軽く握りこぶしを作ります。それをお腹にあてて痛くない程度にお腹を押してあげましょう。すると、腸が刺激されて便意を催すようになります。

そして、食事でもこの症状を解消することは十分に可能です。ガスが溜まっている状態のところへ水分と食物繊維を与えてあげると、ガスが腸に下がって、便と当時に体外へ排出することができるようになります。食物繊維にも2種類あり、不溶性と水溶性のものがありますが、どちらか一方を摂取するというよりは、両方が同時に摂取できるようにすることで、より素早くお腹の張りを解消することができます。

また、普段からお腹が張りやすいという方は、便意を我慢していることはないでしょうか。便意を我慢していたり、ガスを出したいのに出せない、また出 さないように我慢をしていると、本来なら体外に出なくてはいけないガスが腸に留まってしまうようになるため、お腹が張ってしまいます。そして、食べた食材 によっては、ガスがたくさん出てしまうものもありますので、ガスを出したいという気持ちを我慢するとどんどん腸に溜まり、腹痛を起こさせる要因となるた め、ガスや便意を感じたら我慢をしないということも大切です。

他にも、女性の場合は冷えが原因となって腸の働きが悪くなり、出すはずの便やガスがでにくくなってしまうということがあります。

便をスムーズに出すためには、朝起きぬけにコップ1杯の水を飲むと良いと言われていますが、 季節に関わらず冷たい水というのは体の中から冷やしてしまう原因ともなります。良かれと思って飲んでいる水がお腹の張りに関係してしまっては元も子もあり ませんので、冷水ではなく人肌程度のお湯を飲むようにすると腸の動きも活発になるうえに、体も目を覚めますので一石二鳥です。