便秘薬おすすめランキング

何故妊娠したら便秘になるのか? 原因と解消法

■妊婦の便秘

今までスムーズに毎日便が出ていたという人も、妊娠を機に便が出なくなり便秘になってしまうという人も非常にたくさんいます。

なぜ、妊娠を機に便秘になってしまうのでしょうか。

■妊娠による便秘の原因

妊娠により起こる便秘の原因は大きく分けて2つのタイプがあります。

まず1つは、ホルモンの影響によって起こる便秘です。妊娠をするとプロゲステロンというホル モンがたくさん分泌されるようになります。このプロゲステロンは妊娠を継続するためには必要不可欠なホルモンではあるものの、腸の働きを弱くしてしまうと いう特徴を持ったホルモンであるため、妊娠により便秘になってしまうケースが多くなるのです。

また、妊娠は普段分泌されないホルモンが分泌されるようになったり、本来なら分泌されなくてはいけないホルモンが少なかったりするため、自律神経の乱れを起こすことがあります。自律神経は便が出るというサインも司っているため、自律神経が乱れることで便意を促すサインが出にくくなり、排便の回数が少なくなるということも原因として考えられています。

また、お腹の胎児が大きくなればなるほど子宮も同時に大きくなるため、おのずと腸を圧迫するようになります。腸が圧迫されるということは便の通り道が狭くなってしまうということになりますから、肛門付近まで下りてきている便が出にくくなったりしてしまうのです。これも、妊娠による便秘の特徴と言えるでしょう。

■妊娠を機に便秘になってしまったら

妊娠を機に起こっている便秘は、赤ちゃんが生まれてホルモンのバランスが徐々に戻ってくると解消することが多いので、これといった治療をしなくても 問題はありません。しかしながら、妊娠期に便秘になりそれを我慢していたがために切れ痔やイボ痔を引き起こしてしまうケースも多いため、妊娠している時で も便秘は我慢しないことが大切です。妊婦の方でも安心して服用できる整腸剤や漢方薬など、医師に相談をすることでそれぞれの症状に合った薬を処方してもらうことができますので、通っている産婦人科の医師に相談しましょう。

朝決まった時間にトイレに入るように工夫をしたり、つわりが酷い場合や体重の増加を気にするあまり食べ物のバランスが乱れてしまうことによって便秘がさらに悪化してしまうことがありますので、食べられる範囲で食事を見直していくことも大切です。たとえば、白米なら雑穀米や玄米などに変えてみたり、パンならライ麦パンなどのような繊維やミネラルが豊富に含まれているものを選んでみましょう。

ただし、繊維質のものを食べ過ぎると妊娠期はガスが発生しやすくお腹が張ってしまうことがありますので、水溶性の繊維質という部分に注目しながら便秘の症状を改善したり軽減していくことがポイントです。