便秘薬おすすめランキング

便が通りづらい~器質性便秘~

■器質性便秘とは

器質性便秘とは、胃や小腸、大腸や肛門などに疾患があり、病気が原因で起こっている便秘を指します。

また、元から腸管が狭かったり、大腸の形が変形していたりすることにより、便の通り道がスムーズではなくなっていることから、排便がスムーズにできずに起こってしまうケースもあります。

器質性便秘の原因として考えられているのが、大腸がんや大腸ポリープ、腸閉そく、虫垂炎などの術後の癒着によるもの、潰瘍性大腸炎、後腹膜腫瘍、子 宮筋腫などです。器質性便秘を起こしていると吐き気や腹痛、便に血が混じるなどの症状が出ることもあるので、病気が潜んでいるということを自覚しやすいた め、病院で治療を早急に行うことができる場合もあります。

■器質性便秘の解消方法

残念ながら、器質性便秘は自分の力で解消していくことが難しいケースがほとんどです。何かしらの疾患が器質性便秘を引き起こしているため、原因となっている疾患を治療して行く必要が出てきます。

便に血が混ざっている状態であれば病院を受診しやすいのですが、腹痛や嘔吐というのは便秘が引き起こしている症状として捉えられてしまうため、病院 を受診するまでに時間がかかってしまうことも少なくありません。市販の便秘薬などを使って一時的に器質性便秘の症状が軽減できていたとしても、根本的な部 分での改善にはつながっていないので、便秘薬なしでは排便ができなくなってしまう可能性もあります。

原因となる疾患を治療することで便秘の症状もおのずと改善されるので、早い段階で治療を行っていく必要がありますが、元から腸の形が変形しているなど先天的なことが原因で起こっている器質性便秘の場合は、残念ながら完全に解消することが難しいのも事実です。

このような場合は、器質性便秘と上手につきあいながら便意を自然にもよおせるよう、食事や生活習慣を見直したりしながら症状を軽減させていきます。

場合によっては、生活に支障を与えるほどの症状が出ている時は、手術などを行い治療していくこともありますので、便秘の症状に加えて吐き気や下血などが見られる場合は必ず医師の診断を仰ぐようにしましょう。対処が遅くなればなるほど疾患が重くなり、治療に困難をきたすこともありますので、便秘で気になることがあれば、躊躇せず病院に行き医師に診てもらうようにしてください。