便秘薬おすすめランキング

消化器官の機能低下~機能性便秘の解消方法~

■機能性便秘とは

機能性便秘は個人差がかなり生じてくるため、一概にこの症状が機能性便秘であると判断することは難しいと言われています。

機能性便秘は一般的に、3日以上排便がない場合を指すことが多く、仮に3日以内に便が出たとしても、ウサギの糞のような便や35グラム以下の便しか出すことができない場合も機能性便秘だと言われています。

しかしながら、機能性便秘は回数や量だけで判断するものではなく、便が残った感じがしていたり、腹痛を伴っている場合、腹部にガスが溜まっている状 態や食欲がなくなるなど、日常生活に影響を与えることがあるため、こうした点も含めて、正しい方法で対処していかなくてはなりません。

機能性便秘になる主な原因は、食事の内容が偏っていたり、生活習慣が乱れていたり、不規則な生活を送っている場合に起こるケースが多いと考えられて います。和食が主だった日本にアメリカやヨーロッパの食事が入るようになってからというもの、食物繊維の摂取量が極端に減ったために機能性便秘を起こして しまうことも多くなりました。

また、ストレス社会とも言われている日本において、ストレスが機能性便秘を引き起こしているのではないかという説も出ています。

■機能性便秘の解消方法

便が出たものの便が残っている感じがする、いきんではみたものの不快感が残っているという場合は、機能性便秘である可能性が高い傾向にあります。

機能性便秘の原因でも述べたように、食事や生活習慣の乱れにより起こることが多くなっているため、解消方法としては、まず食事の内容を含めた生活習慣の見直しから行っていくことになるでしょう。

規則正しい生活を送るように心がけることをはじめとして、運動をしてこなかった人はエレベーターやエスカレーターではなく階段を使うことから始めて、足を使って動けるところは極力自分の足を使って体を動かす工夫をしましょう。

また、自分へのご褒美タイムとして、リラックスできる時間もしっかりと確保することが大切ですので、ストレスが解消できるような趣味を持ったり、お風呂にゆっくりと入り心身共にリフレッシュする時間を作ることも大切です。

ただし、上記の方法でも機能性便秘が解消しない場合、薬を使って解消していくことも可能です。しかしながら、市販の便秘薬などは気軽に使うことができる半面、クセになって手放せなくなってしまう可能性が高くなりますので、かかりつけ医に相談をして、医師の判断で処方をしてもらった薬を服用する方が安心できます。