便秘薬おすすめランキング

あなたの知らない便秘の恐怖 便秘が原因で死亡する事もある!

■便秘が原因で女性が死亡!?

便秘が原因で、本当に死亡してしまった女性がいます。この女性は、肉類や乳製品の摂取のしすぎにより大腸が癒着してしまい、腸の壁に炎症を起こし腸管がくっつき、便が詰まって腸閉塞を誘発したことが原因で死亡してしまいました。肉類や乳製品の摂取という、非常に身近なことが死亡の原因になっているので気をつけたいところです。このような些細なことが引き金になり、便秘で死亡してしまったことから、普段からの生活習慣の重要性が見て取れるのです。

■21歳の会社員が便秘を原因として死亡

1998年に、21歳の会社員の女性が自宅で死亡しているのを帰宅した女性の弟が発見しました。この女性は、1年程便秘に悩まされており、時々腹痛も起こっていたそうです。しかし、医療機関の受診は一回もすることなく、市販の便秘薬で解消していました。死亡から2日前までは普通に会社に出勤しており、死亡の当日は仕事が休みで、自宅で療養していたのです。女性の死亡後に解剖をしてみると、女性の体からは、なんと6.7kgもの便が詰まっていたのがわかったのです。女性の死亡理由は腸閉塞で、女性の体は妊娠した時のように大きく膨れ上がっていました。便秘は、女性の3人に2人は経験したことがあるといわれますので、決して他人事ではないのです。

■便秘によって死亡した女性の症状

便秘によって死亡した女性の症状としては、長期的な便秘が原因で、まるでコンクリートのように便が固くなってしまい、便やおならが全くでなかったということです。お腹も先述したように大きく膨れており、死亡した前日は、風邪のような病状と、腹痛が起こっていたようです。起きることと寝ることを繰り返し、昼食や夕食を摂ることもなく、死亡当日も朝食を食べてはいませんでした。便が沢山溜まると、食欲もなくなることから、女性は食事をとれなかったようなのです。このように、普段とは症状が少しでも違うと感じたら、早めに医療機関を受診することが大切です。便秘は放っておくと、最悪の場合に死亡という結果になってしまうことがあるので、普段から生活習慣をきちんとして、適度な運動もして、排便もしっかりするように心がけるようにしましょう。