便秘薬おすすめランキング

便秘と女性の生理の関係性について

■便秘と生理の関係性

女性の悩みの種ともなっている生理痛ですが、生理痛には個人差があり、すごく痛いという人もいれば、全然痛みを感じない人もいます。このような個人差は、体質などによって異なりますが、便秘になるとその生理痛が増大してしまうということが分かっています。便秘と生理痛が密接な関係にあるということは知らない人が多いので、実は全く無関係ではないということを覚えておきましょう。生理痛がひどく、さらに便秘もしているという人は、気をつける必要があるのです。

■便秘が生理痛の原因になるのはなぜ?

便秘になると、体に栄養素が行渡らなくなり、血液の循環が悪くなります。そうすると新陳代謝が低下し、生理痛が起こりやすくなってしまいます。生理痛は、そもそもホルモンバランスの乱れによって子宮の収縮が正常でなくなるために起こるとされているため、ホルモンバランスが乱れると生理痛が起こりやすくなるのです。便秘だと腸内にガスや便が溜まってしまうことにより子宮を圧迫してしまい、生理痛が起り得ます。また、冷え性によっても便秘と生理痛がひどくなることも分かっています。便秘の人は冷え性で悩んでいる人も少なくはありません。これは、便秘のせいで腸内環境が悪化していることが原因と考えられます。腸内環境が悪化して、代謝が悪くなると、血行不良が起こり、冷え性を悪化させ、生理痛も起こしやすくなるので注意が必要です。

■生理痛が激しい人の対策

生理痛が激しいという人は、まずは自分の食生活の見直しから始めてみましょう。栄養不足は、生理痛を激しくしてしまうことがあるので、きちんとバランスの良い食事を摂っているかをチェックすることが大切です。便秘は、女性の3人に2人が悩まされている症状なので、便秘を治すことによって生理痛も少し緩和させる可能性があります。便秘を解消させるのには決して特別なことはしなくても良く、規則正しい食生活や軽い運動をすれば自然と治りやすくなります。無理をしないで、自分のできることから始めてみることがおすすめです。

■便秘と生理痛の間に隠れた病気がある

便秘と生理痛が同時に起こり、生理痛がひどいものであれば、もしかすると病気の可能性があるので、注意が必要です。この隠れた病気の発見は早期であればある程良いので、病気の可能性を考え医療機関に診てもらうことも大切です。例えば、女性特有の子宮筋腫の症状として便秘が挙げられるので、便秘を解消できても生理痛がひどい場合には、子宮筋腫を疑うようにしましょう。一度医療機関で検査をしてもらえば、安心です。子宮筋腫の場合、オリモノなどに異常が出ることがあるので、日頃からチェックしておくと良いでしょう。