便秘薬おすすめランキング

妊娠と便秘の関係性について知ろう

■妊娠すると便秘が起こりやすくなる?

妊娠すると黄体ホルモンの分泌が盛んになり、便秘になりやすくなると言われています。ただ、このような便秘は妊娠中ずっと続くわけではなく、ある時期に来ると便秘が解消されやすくなる場合もあります。妊娠初期と妊娠中期、妊娠後期によって、便秘の症状も変わってくるのが分かってもいます。

■妊娠初期の便秘

妊娠初期から妊娠4ヶ月頃までは、黄体ホルモンが活発に分泌されることが原因で便秘になりやすくなります。黄体ホルモンは、赤ちゃんを育てるために子宮の状態を整える目的で出されるホルモンのことです。黄体ホルモンは、他にも授乳のために胸の乳腺を発達させるというような重要な役割も果たします。黄体ホルモンは腸の働きを抑える働きもあるので、便秘が起こりやすくなってしまうのです。また、妊娠4ヶ月頃までは、つわりが重い人も多く、食欲が落ちることから便意が起きにくくなることも、便秘がちになる原因とされています。

■妊娠中期の便秘

妊娠の4ヶ月頃を過ぎると、一回便秘は解消されることが多くなっています。しかし、妊娠6ヶ月頃になると、胎児が大きく成長することによって子宮が腸を圧迫し、再び便秘が起こりやすくなります。血行不良になりやすいのもこの時期で、下半身にその影響が及んで痔や脱肛になる人もいるので、妊婦であれば特に気をつけたい時期になります。排便の際に痛みが出るなど何らかの症状が出たら、早めに医師に相談するようにしましょう。

■妊娠後期の便秘

妊娠後期になると、いきむようにすると胎児が生まれそうになるのが怖くて、なかなかいきんで便をすることができないというような妊婦も多くいます。もちろん、血管が浮き出る程強くいきんでしまうと、胎児に影響が与えられる場合もありますが、通常であれば影響はほぼないと言うことができるので安心して下さい。後期になっても便秘が続き、腹痛などが辛いのであれば、胎児に影響のないような薬を使うのも一つの方法です。

■下剤の使用は必ず医師の処方を受けてから

妊婦の場合、下剤なら何でも良いとして使ってしまうと、流産や早産を招く恐れもあるので、気をつけなくてはいけません。下剤の中には子宮収縮作用を持つ成分が含まれているものもあるので、薬局で買う際には必ず薬剤師に聞いて、使っても大丈夫か確認してから購入しなくてはいけません。子宮収縮が起こると、お腹が張った状態になるので、胎児にも少なからず影響が出やすくなります。また薬でも漢方薬であれば安全かと思われがちですが、漢方薬の中でも注意が必要になる成分が入っている場合もあるので、自分の判断で飲むことは避けるようにしましょう。とりわけ気をつけたい成分としては、センナや大黄という成分です。どちらも大量に摂取すると危険性が高まるので服用に関しては医師と相談して決めるようにしましょう。