便秘薬おすすめランキング

PMSが原因で起こる便秘とは

■PMSとは

女性には特有の生理がありますが、生理前に体調を崩したり、精神的に不安定になったりする症状を生理前症候群と言い、それを略してPMSと呼びます。PMSとは、プレメンストリュアル・シンドロームの頭文字を取ったもので、このような心身の不調は、女性であれば約8割が一度は経験したことがあるといわれます。PMSの症状が出るのは、生理前に分泌される黄体ホルモンが原因だとされています。生理や妊娠を機能させるのには、黄体ホルモンは重要な役割を果たしますが、それが体の不調となって現れることもあることを覚えておきましょう。

■PMSの原因と症状

PMSは、女性特有の心身の体調が良くない症状が起こることを指しますが、排卵から生理開始の1週間から2週間程の間に心身の体調が悪くなります。PMSの原因としては、先述したように黄体ホルモンが大きく関わってきます。黄体ホルモンは、水分を体に溜め込む作用があることが分かっています。PMSの主な症状としては、むくみ、乳房の張り、頭痛、肌荒れ、腰痛、甘いものが食べたくなる、情緒不安定、下腹部の膨らみ、下腹部の痛み、便秘と下痢などになりますが、PMSの症状には便秘も含まれているため、生理前には便秘になりやすくなってくるのです。この症状にも黄体ホルモンが密接に関わっています。黄体ホルモンは腸から水分を奪う作用もあるため、便が固くなり、出にくくなりやすくなるのです。

■PMSの便秘の解消方法

PMSの便秘の解消方法としては、便秘薬の使用が挙げられます。できるだけ便秘薬は使わないに越したことはありませんが、とりわけPMSが便秘の原因であれば、便秘薬を使うことによって、便秘はスムーズに解消することができます。便秘薬を使う際には、刺激の強いものではなく、穏やかに効果があるものを選ぶようにしましょう。次に食事を変えるということが挙げられます。便秘薬に抵抗があるのであれば、プルーンやヨーグルト、オリゴ糖などを同時に摂取すると便が出やすくなるのでおすすめです。プルーンは、腸を緩くして、便を排出しやすくする作用がありますが、食べ過ぎると下痢をしやすくなるので、気をつけましょう。ヨーグルトとオリゴ糖は、便秘に良いということは周知の事実ですが、腸内環境を整え、排便が滞らないようにしてくれるので、便秘で悩んでいるのであれば是非積極的に摂取してもらいたいものです。注意したいのはPMSになっている間は、カフェインが含まれているものは避けた方が良いということです。症状を悪化しやすいので、コーヒーや紅茶、緑茶などは飲まないようにしましょう。