便秘薬おすすめランキング

■血便・粘血便~潰瘍性大腸炎~

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜が炎症を起こしてしまい、ただれた状態です。この状態になると潰瘍ができてしまい、潰瘍ができたことによって粘血便や血便、下痢や腹痛といった症状が見られるようになります。

潰瘍性大腸炎は、特に20代~30代の若い世代の方に多く見られると言われていますが、50代以降にも見られるケースが増えてきています。また、潰瘍性大腸炎が改善したと思っても、数ヶ月もしくは数年後に悪化した状態で再度発症することもあるため、侮ることができません。

原因として考えられるのが、体内に異常な抗体ができてしまうことにより大腸粘膜を攻撃してしまうことだとされています。また、遺伝的なもの、食生 活、腸内の細菌が変化していることなどが複数重なることで、潰瘍性大腸炎を発症するとも言われており、原因が一つだけではありません。また、精神的な部分 でのストレスが大きくなると潰瘍性大腸炎が悪化してしまうケースもあります。

■こんな時は病院へ

血便や粘血便、腹痛、下痢などの症状が重くなってくると、体重が減少し、貧血を起こしたり発熱を伴ってくることもあります。治療によって一時的には改善したとしても、また再発してしまうという場合もあり、繰り返し潰瘍性大腸炎を引き起こしている方も少なくありません。

■病院での治療方法

潰瘍性大腸炎は、大腸内視鏡検査において判断していきます。びまん性と連続性と表現される大腸の炎症は、直腸から大腸粘膜全体に見られるというのが 特徴です。そして、炎症が大腸だけに見られる直腸炎型と直腸から大腸の左半分程度まで炎症が広がっている左側大腸炎型、大腸全体に炎症が見られる全大腸炎 型の3つのタイプに分けられます。

注腸造影検査で大腸の炎症がどの程度広がっているのか、変形しているのがどのくらいかなどを知ることができ、血液検査では炎症の反応がどのくらい現れているのかを確認します。血液検査からは、貧血や栄養不良などが生じていないかも同時に確認をしていきます。

適切な治療をすれば、日常生活に支障をきたさないくらい回復することができます。しかし、症状の度合いによっては治療方法が異なってくるため、
軽度の場合は内服やステロイド薬などで治療を行うことができますが、重症化すればするほど入院という形で治療を行うことになります。腸管を休ませるために絶食を余儀なくされ、中心静脈栄養という形で栄養補給を行うことが一般的です。

また、治療において潰瘍性大腸炎が改善しない場合は、大腸の摘出手術を行います。しかしながら、潰瘍性大腸炎を発症して10年以上経過すると大腸がんを引き起こす危険が高まるため、毎年の検査を欠かすことはできません。

良くなる時と悪くなる時を繰り返すというのが潰瘍性大腸炎であり、医師の指導のもと、しっかりと治療を行っていくことが大切です。