便秘薬おすすめランキング

腸を刺激する運動で便秘解消とは

■クランチが理想的

クランチという腹筋運動はご存知ですか?私たちが子供の頃に学校の体育で教わった腹筋運動は、足をまっすぐ伸ばした状態であおむけに寝て、その状態から上半身を腹筋の力で持ち上げるというハードな筋トレでしたよね?しかし、クランチは、腹筋が苦手な人でも比較的継続しやすいマイルドな運動です。

便秘になりやすい人の中には、慢性的な運動不足という人も少なくありません。腸の蠕動運動や、腸の中で便を前に押し出そうという力には、筋肉が必要 なわけで、運動不足で筋肉があまり鍛えられていない場合には、便意になりやすくなってしまいます。また、もともと便秘の人は、運動不足で筋量が低下するこ とによって、便秘がさらに悪化してしまいます。

便秘解消できるぐらいに腸を刺激するためには、ボディビルダーのようなハードな筋トレをする必要はありません。腸の周辺の筋肉、つまり腹筋を鍛えることによって腸の蠕動運動をサポートする筋力をつけて便秘解消できます。

■クランチの方法

便秘解消のためのクランチは、どのように行えばよいのでしょうか?まず、あおむけに寝た状態になり、膝を90度ぐらいに曲げて、足の裏を床につけて ください。そして、手のひらは組んで頭の裏に置きます。ここから腹筋の要領で上半身を持ち上げるわけですが、いくつかの注意点があります。

まず、腹筋運動をするように、上半身をすべて床から離す必要はありません。腹筋のあたりに力が入っているのを実感しながら、肩甲骨を床から離すような感じで上半身を曲げましょう。無理に上半身を持ち上げようとすると、腹筋でカバーできない力を体の他の部分から補充するために、首や腕などに力が入ってしまいます。そうならないように、腹筋に負荷がかかっていることを感じながら行いましょう。体を持ち上げるかどうかはそれほど重要ではないので、肩甲骨のあたりまで床から離すことも難しい場合には、腹筋にマックスに負荷をかけることができるぐらいまで上半身を起こすだけでも効果的ですよ。

■腹筋と便秘には大きな関係がある

男性でも便秘がちな人はいますが、便秘になりやすいのは男性よりも圧倒的に女性の方が多いですし、腹筋に力のない子供も便秘になりやすいと言われています。食生活とか運動する習慣などによって便秘になりやすいかどうかは異なりますが、腹筋がどのぐらい鍛えられているかによっても、便秘になりやすいかどうかは変わるようです。

腹筋に力を入れることができなければ、トイレで力むこともできません。少し位便秘になりかかっていても、腹筋に力を入れて力めば、腸の中に詰まって いる便を押し出すこともできるのですが、腹筋が弱い女性や子供では、なかなかそこまで頑張ることができません。そうすると、便秘になりやすくなってしまっ たり、便秘が進行したりしてしまうわけです。

便秘解消するためには、いろいろな方法で腹筋を鍛える方法も有効です。ハードなトレーニングでなくても、ちょっとウォーキングをしたり、階段を使うように心がけるだけでも腹筋は鍛えられます。普段の生活の中で上手に腹筋を鍛えて、便秘解消したいですね。