便秘薬おすすめランキング

便と煙草の関係性 ニコチンが腸に及ぼす影響とは

■ニコチンは腸に影響あり

男性であれば、煙草を吸っている人も多いかもしれません。そのような男性の中で、煙草に含まれているニコチンが、実は腸にも影響を与えていることを知っている人は多くはないでしょう。ニコチンは、アセチルコリンという神経物質の代わりを果たす役割を持っています。こ のようなことから、煙草を吸うと便意をもよおすようになります。禁煙をしたらすぐに便秘になってしまったという人は、今まで煙草によって便が出ていた可能 性があります。このような場合、また喫煙を吸えば良いのかというと、健康上、煙草はあまり良くないものなので、おすすめすることはできません。

■ニコチンを便秘代わりに

ニコチンを吸えば腸が働くようになるのであれば、便秘は煙草を吸うことによって解決することができるのではと考える人もいるかもしれませんが、そのような考え方は、ニコチン中毒になりやすくなるので、大変危険です。煙草に含まれるニコチンには依存性があるため、体がニコチンに頼るようになると、体の正常なシステムが失われるようになり、心身ともに健康を害する可能性があるので気をつけましょう。痙攣性イレウスという病気がありますが、これはニコチン中毒が原因の一つになっています。さらに煙草を沢山吸うと、肺がんになりやすいリスクも高まります。このようなことからも、煙草を吸って便秘を解消させようとする考えは下策であるといえ、辞めることが大切です。禁煙をしてから便秘になってしまうと、再び喫煙をしたくなることもあるかもしれませんが、健康上良くないということを忘れてはいけないのです。

■便秘はニコチンに頼らず治そう

便秘は煙草に含まれるニコチンに頼らずに治すようにしましょう。煙草や薬には依存性があるものが多くなっているので、頼らないで治すのが一番です。食をふくめた生活の見直し、睡眠不足の解消、運動不足の解消、適度なマッサージなどから始めてみるようにしましょう。そういったことをしても解消できないのであれば、医師の診察を受けることも考えると良いかもしれません。煙草を吸えば、確かに排便がスムーズにいくということはありますが、様々なリスクもあるので、しっかりと視野に入れて考えると、煙草に頼らないで便秘は治していくということに流れ着いていくことがわかってくるはずなのです。