便秘薬おすすめランキング

男性に多い各駅停車症候群とは

■男性に多い各駅停車症候群って?

働く男性に多くなっているのが、各駅停車症候群です。各駅停車症候群とは、通勤途中で便意が起ってしまい、途中の駅で降りてトイレに駆け込んでしまう症状を指します。こういったタイプは、男性に多くなっているのが特徴です。便秘とは反対で、不安になると下痢をしたり、ビールを飲みすぎたりすると下痢になってしまうという症状が起こります。過敏性腸症候群とも呼ばれており、腸がストレスを感じることによって、下痢や便秘を繰り返すというような特徴があります。その原因はストレス、食生活、生活習慣の乱れなどが挙げられます。

■各駅停車症候群は誰にでもなる可能性がある

各駅停車症候群は、過敏性腸症候群の一つですが、その割合は軽症の人も含めれば、日本人の人口の10パーセントから15パーセントを占める値となっています。したがって、誰にでもなり得る可能性があり、決して軽視できない症状です。過敏性腸症候群は、消化器に生じる病気の中では、非常に一般的になっていることにも着目しましょう。各駅停車症候群の症状が進むと、駅の間隔が長い急行の電車や快速電車に便意が不安ということから乗れなくなることもあるので、気をつけなくてはいけません。

■各駅停車症候群を治すには①

腸は第二の脳とも呼ばれており、頭で感じたことや心で感じたことの影響が受けやすくなっています。少しのストレスによって腸が働かなくなったり、逆に働きすぎたりして各駅停車症候群などを起こしてしまうこともあります。各駅停車症候群を治したいのであれば、ストレスを軽減させることが重要になってきます。可能であれば、ストレスの原因となっていることから距離を空けるようにしたり、自分の考え方を変えたりして、対策を取ると良いでしょう。大切になるのは、どうしてストレスを感じるようになったのか自問自答をしてみることです。原因は外にありがちだと思われていますが、実は自分の内にあるものです。同じことがあってイライラする人がいたり、そうでない人がいたりするのは感じ方に違いがあるからです。考え方を変えるには、多少時間がかかるかもしれませんが、ストレスを感じにくくするには大切なプロセスになります。

■各駅停車症候群を治すには②

各駅停車症候群を治す方法の一つに、薬を使うことが挙げられます。これまで下痢や便秘には薬が沢山使われてきましたが、各駅停車症候群においても、その症状に合わせて薬を飲むことによって、解消することができます。ただし、市販の薬は効果が強すぎたり、逆に効果が全くなかったりという場合もあるので、市販のものより医師に処方された薬を使用する方が望ましいといえるでしょう。具体的に言えば、腹痛を抑えるには抗コリン薬が有効で、腸の調子を整えたいのであれば整腸薬の使用が的確になります。下痢に関しては、腸の運動機能を調節するもの、便秘に関しては、腸管の運動を回復させるような下剤を使います。不安や抗うつ、イライラなどの精神的な症状が強い場合には、抗不安薬などが処方される場合があります。これらの薬は、胃腸の症状を抑えるものとして広く使われるようになっていますが、近年では便の固さそのものを調整することができるリカルボフィルカルシウムという薬が登場して注目されています。このように、薬も進化しているので、薬に頼りきるのは良くありませんが、補助的に使用して各駅停車症候群を治すのも一つの方法になります。